• HOME
  • よくある質問

よくある質問

塗料について

家はどうして塗装するのですか?
建物を保護するためです。
家を塗装するのは、カラフルな色で美観をつくりだすと同時に、壁や柱が腐食してしまうのを防ぐためなのです。 塗装されていなければ直ぐに家が傷みます。自然環境から建物を保護する際に、最も大きな要素となるのは塗装です。
なぜ壁にひび割れが起こるのでしょうか。
外壁のひび割れは原因が多様で、一概に原因を即答するのは難しく、原因によっては補修程度の処理ではすまない場合もあります。原因としては、下記のようなことがあげられます。

1.不同沈下、地盤沈下
2.地震の揺れ
3.躯体材の乾燥による収縮
4.下地材の反りv 5.防水紙またはラス網の不良
6.モルタルの施工不良(乾燥養生期間、降雨、極度な直射日光など)
7.モルタルの凍結融解等による硬化不良
8.モルタルの収縮
9.材料の調合不良


このようにさまざまなことが原因でひび割れが生じますが、その理由はひとつではなく複合的な要素が重なって生じることもあります。 ひび割れが目立ってきた場合には、専門業者に相談しましょう。
塗装工事を行う季節はいつ頃がよいのでしょうか。
塗装で良好とされる環境基準は、気温5℃以上、湿度85%以下です。
当地域では、およそ3月中旬より12月初旬までが良好に塗装ができる季節です。
新築時と外壁や屋根の色が随分違うように思うのですがこれは塗り替え時期?
一概には言えませんが、明らかに変色している場合や、壁をさわって白いチョークのような粉が手に着いたら、塗り替えのサインですので、塗り替えをおすすめします。
塗る色って自分で決められるのでしょうか?またアドバイスはしてくれるのでしょうか。
当然お好きな色で決めていただければ結構ですが、弊社ではカラーシミュレーションによるご提案も行っておりますのでご活用ください。
外壁塗装はどの位持つのですか?またアドバイスはしてくれるのでしょうか。
5年・7年・10年・15年以上...使用する塗料によって違います。また施工の仕方によっても違う事は言うまでもありません。
なぜ水洗いが必要なのですか?またアドバイスはしてくれるのでしょうか。
塗装する場合、必ず外壁や屋根の汚れやコケをキレイに洗い流してから塗料を塗ります。しっかりと汚れを取ってから塗装しないと直ぐに剥がれてしまったり、長持ちしません。
外壁塗装は見た目がそんなに気にならなければ必要ないですか?
一概に言えませんが、10年毎に専門業者による診断をおすすめします。
塗装がされていないように感じます。塗り替えを行ってくれると思っていた箇所が塗装されていないのですが。
見積もり説明の段階で必ず「含まれていない工事は?」と聞くのがいいでしょう。更に口答ではなく必ず書面で確認しましょう。
イメージした色と違うのですが、塗り替えは可能ですか?
イメージと違うだけでは、塗り替えは不可能です。色を決める前にしっかりと打ち合わせを行い、色の最終決定はA4サイズ程の色見本を提出してもらい決定し、書面にも残しておきましょう。

工事について

工事期間中に盗難にあわないか不安で・・・
足場をかけると簡単に登ることができますし、メッシュシートの中では何が起こっているのか外からはわかりません。工事中は戸締りを徹底し、防犯ライトを設置するとよいでしょう。
壁に細かい亀裂がたくさん入っていて、塗装で直るのか不安なのですが。
細かいひび割れ補修の下地材料としてフィラーがあります。
フィラーは躯体の細かいひび割れを埋めたり、表面を平滑にします。
外壁に長いひびが入っているのですが大丈夫でしょうか。
これは塗膜に裂け目ができる現象でクラックと呼びます。
塗膜が割れている為、裂け目から水が浸入する恐れがありますので早めの補修をおすすめいたします。
門扉(鉄部)などの錆をどうにかして欲しいのですが。
錆の除去後、錆止め塗料を塗装します。弊社では付帯工事のみも行なっております。
外壁から白い粉が出てきているのですがこれは何ですか?
熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化し、塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象のことでチョーキング(白亜化)現象といいます。
塗装工事の際、養生とよく耳にしますが、これは何のことですか?
サッシやガラスなど、塗料が付着しては困る部位にビニールシートを貼ります。
また、建物だけではなく植木や車両などへの配慮も忘れません。
下地補修とは何をするのでしょうか。
汚れを洗浄により綺麗にした後に、塗装を行う前の外壁のひび割れを埋めたりして表面を整える作業を指します。この作業が、塗装後の仕上がりに大きく影響します。
雨の日も作業はできるのでしょうか。
雨の日に関しては作業を進めることができません。
天候により工期や作業日程に変更がある場合もございますのでご了承下さい。
引渡しなど行う際に何かこちらで行うことはありますか?
後片付けや周辺清掃はこちらで行いますので、ご心配は要りません。
弊社の場合、完了検査をお客様と一緒に行い、今回の塗装においての説明と確認を行いますので、立会いをお願いしております。

塗装について

塗料のにおいが気になります。また、近隣の方に迷惑でないかどうか気になります。
塗装する際に溶剤系塗料ですと匂いが出る可能性がございます。水性塗料を使用する場合はシンナー等を利用しないので、匂いの心配はございません。
施工前の近隣挨拶の際、施工会社の担当者に施工内容等をしっかりと説明させましょう。
塗料で、家の温度を下げることは可能ですか?
遮熱塗料で塗装をすれば室内温度を下げることは可能です。
遮熱塗料は室内温度を下げるだけではなく、夏場の屋根や外壁の表面を下げることで、屋根や外壁に対する環境負荷を軽減させ、耐久性を上げることにも繋がります。
また塗料の色によって、反射率が異なり、遮熱効果も変わってくることもある為、詳細は、専門業者に聞くことをおすすめいたします。
塗装をするには、どのような塗料がおすすめですか?
耐久性のある、高品質のものを選ぶといいでしょう。塗料の違いが建物の寿命を大きく変えてしまいます。
高品質な塗料を用いた塗装と、そうでない塗装とではずいぶん差がでてしまうものです。一般的に高品質な塗料は高額ですが、寿命が長いので一概に高コストだとは言いきれません。長い目で見ると、むしろ低コストになる場合があります。
水系塗料、溶剤系塗料、どうちがうのでしょうか?
性能的には大きな違いはありませんが、シンナーで希釈する溶剤系塗料は臭いの問題があります。
それに対して個人差はありますが水系塗料は、水で希釈するので臭いは大幅に軽減されます。
塗料の量は厚い方がいい?薄いほうがいい?
一度に塗る塗布量、厚さは塗料の種類によって決められています。
厚すぎると不均一の仕上がりが出たり、乾燥不良などを起こす可能性がありますし、薄めすぎると仕上がりが悪くなったり、膜厚の不足などによって、塗料の性能が発揮されないことがありますので、各塗料の規定に従った塗布量が必要になります。
最近よく聞く遮熱塗料って何ですか?
遮熱塗料とは、塗るだけで屋根・外壁面の太陽熱を反射させ、表面温度を最大20度程削減する塗料です。
遮熱塗料とは、夏場の暑さを涼しくさせる効果はありますが、冬場の温度を保温する効果はありませんのでご注意下さい。

見積もり発注、保証について

見積もりをお願いしたいのですが、費用はかかりますか?
無料で承っております。是非他社様と比較しご検討下さいませ。
劣化診断だけでも可能ですか?
可能です。塗り替えを決める前には必ず診断をされることをおすすめいたします。
見積もりを取ったら必ず依頼しなくてはなりませんか?
いいえ、その必要はございません。

リフォーム全般について

屋根のリフォームってどんなことをしますか?
お住まいの状態により、葺き替え、補修、塗装などを行います。 瓦の状態だけではなく、下地の状態などをよく確認する必要があります。 元々の屋根材を撤去して葺き替える場合もあれば、現在の平板スレート瓦やカラーベストなどの上に重ねて施工する「カバー工法(重ね葺き)」など、屋根材によってもいろいろと違いがあります。
どのくらいの周期でメンテナンスが必要ですか?
どんな種類の屋根材を使っているかによって大きく異なってきます。 屋根そのものの寿命は、

※粘土瓦(焼き瓦)・・・20年~25年程度
※スレートやセメント系・・・10~15年程度
※板金屋根・・・10年~15年程度

で、その頃には表面の防水機能が衰えるため、15年ごとにお手入れが必要だと言われています。

しかし、瓦そのものに問題が無くても、風雨や地震などで影響を受けた時にはメンテナンスが必要になることもあります。 いずれにしても10年をすぎた頃から住まいの健康診断の屋根点検をおすすめいたします。
ちょっとした瓦のズレから雨漏りし、大掛かりなリフォームが必要になることもありますので、ぜひ定期的なチェックを行ってください。
ただし屋根の上に登る行ためは非常に危険ですので、必ずプロにご依頼ください。
瓦屋根は高いって本当ですか?
これは、屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。
屋根は非常に息の長い「商品」です。瓦屋根の商品の寿命は、ふつう30年といわれていますので、それを基準に考えると、その価格の中に次のようなものが含まれているのが分かります。
・新築(あるいはリフォーム)時の屋根の代金(材料費と屋根工事費、いわゆるイニシャル・コスト)
・メンテナンス費(30年間の間に必要とされる改修費、補修・修理費)
・冷暖房費など30年間に必要とされるエネルギー費

高い、安いという議論は、これらすべてを合計した上で比較しないと正確な所は判断できません。
瓦屋根は高いというご指摘は、おそらく上記の内のイニシャル・コストだけを比較しているものと考えられます。瓦屋根は、金属系やスレートの屋根に比べ、多少の割高(10%~20%程度)になりますが、メンテナンス費、エネルギー費については、断然他の屋根材を引き離し、合計の差し引きでは、むしろ「安く」なる場合もあります。
工事は何日くらいかかりますか?
内容や建物の状況によって違ってきますが、工期は和形瓦で屋根面積の大きいお宅だと2~3週間、一般的な大きさのお宅で10日~2週間、平板瓦の場合は4日~1週間というのが目安です。 現場の状況・天候によって期間が増加する場合がございます。
屋根の修理、自分でやっても大丈夫ですか?
お気持ちは分からないではありませんが、屋根の工事は、たとえ瓦4~5枚程度の修理でも、素人にできるほど簡単なものではありません。
第一、何かの拍子で滑落して大ケガを負ったりしたら、元も子もありません。
また、瓦屋根の上の歩き方も知らないまま動き回ったりすれば、5~6枚で済むはずの瓦が、踏み割れなどによってかえって数が増えて、収拾がつかなくなってしまいます。
プロにはプロしかできない、素人では踏み越えることのできない世界があります。専門の工事業者にまかせるのが、結局お得で安上がり、きれいに仕上げる一番の安全策です。
どうしてプロの点検が必要ですか?
まず、屋根の上は高所でとても危険だからです。
一般的な2階建ての住宅の場合、2階の屋根は6~6.5mほどの高さがあるうえ、傾斜があります。
慣れていない方がのぼると重大な事故につながる恐れがあります。

また歩き方によっては瓦を踏んで割ってしまうなど、屋根材を傷つけてしまうこともあります。そういった理由から、「プロによる点検」をおすすめするのです。

さらに、屋根材によってメンテナンスの方法も変わってくるため、適切なリフォームをするためにも、屋根のプロに点検、診断を依頼しましょう。

ガイソー津/鈴鹿店 最新チラシ情報

  • 4月22日(土) 【ガイソー津/鈴鹿店】外壁・屋根リフォーム相談会

  • 2017年4月22日
    10:00-16:00
    詳しくはこちら>>