外壁塗装をお考えの方に向けて!適している季節について解説します!

  • 投稿日:2023年 1月22日
  • テーマ:


外壁塗装には、向いている時期と向いていない時期があります。
適切な時期に工事をしなければ塗装の質が下がることもあるので、工事を依頼する季節選びは非常に大切です。
そこで今回は、外壁塗装に適していない気候や適している季節について解説します。
ぜひお役立てください。

□外壁塗装に適していない気候条件とは?

外壁塗装の工事をするのに適していない気候条件は、気温5度以下や湿度85パーセント以上の環境です。
このような環境の日に工事を行うと、乾燥が遅れてしまうことがあります。

湿度が高い日や冬の非常に寒い日には工事をするのは難しいということを覚えておきましょう。
このような環境で無理に塗装すると、仕上がりが悪くなったり後々塗装が剥がれやすくなったりしてしまいます。

□外壁塗装に適している季節とは?

ここでは、外壁塗装について季節ごとに解説します。

まず、3月から5月の春の時期は、外壁塗装に適している時期です。
気温や湿度が安定しているため、スムーズに工事ができます。
また、施工中に窓を閉め切っていても過ごしやすい環境でしょう。

しかし、春雨前線の影響によって天気が不安定になる場合があるので、その点は理解しておいてください。

次に、6月の梅雨の時期です。
この時期は雨が多く、一般的に避けられがちな時期であるため予約が取りやすい傾向があります。

ただ、雨の影響で工期が長くなる可能性があるため、スケジュールには余裕を持つ必要があります。

そして、7月から8月の夏も、春と同様に工事を進めやすい気候です。
また、春や秋ほど人気がない時期であるため、比較的自由にスケジュールを組めることが多いです。
夕立によって工事が中断される恐れがあることは覚えておくと良いでしょう。

9月から11月の秋は、春と同様の気候であるため安定して施工できますが、人気の時期ですので、塗装を依頼するのが難しい場合があります。

12月から2月の冬の時期は、梅雨のように閑散期であるため予約が取りやすいでしょう。

しかし、積雪や夜露の影響で塗装できない日が続き、工期が延びる可能性があります。

□まとめ

今回は、外壁塗装に適していない気候や適している季節について解説しました。
どの季節にもメリットとデメリットがあるため、自分の予定や考えに合った季節に工事を依頼することが大切です。
当社はあらゆる外装のお悩みを解決する会社です。
何か気になることやわからないことがある方は、お気軽に当社までご相談ください。


外壁塗装診断
  • 雨漏り・防水工事なら

ガイソー津/鈴鹿店 最新チラシ情報

  • 【新春初売りキャンペーン】-今だけお得な3大BIG特典-

  • 【期間限定】2023年1月中
    詳しくはこちら>>